FC2ブログ

ためない暮らし、しまつする日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

覚悟を決めて、力強く歩いて行くんだぜ。  




前記事の靴はまだ入札入ってないけど、ウォッチは10以上入ってるしなー・・・
懲りずにオークションで見つけたやつだけど 〝 ピピンッ 〟ってきちゃったしなー・・・
ちなみに出品中のと同じメーカーのもの。




で、私の元へようこそおいでまし~!!


chausser.jpg



サイズピッタリ!
いまの気分にピッタリな、かっちりフォルム!
履くと自然と背筋がしゃんとする!

もちろんピッカピカだしね~。
わーいわーい

そうそうちなみにですが、わたしの中で “ ここぞという時に走りだせる靴 ” というのが、最近の靴のテーマだったりします。
その~、現実的にも、わたしのこれからの日々の象徴的にもね。

足に合わないパンプスは2足手放したし、ときめかないブーツは3足手放した。
たぶんわたし、あと2足手放せるだろうな。
世の中的にも、わたし的にも、春って感じだし。




今朝、ふと、スティーブ・ジョブズのスピーチを思い出して You tube で傾聴した。







まさに前のめりで傾聴!!
もう何度も聴いているのに、こんなことを言っていたのかこの人は!と愕然。
わたしは今までいったい何を聴いていたんだろ?と唖然。
そして、このタイミングでこのスピーチを思い出したというのはきっと偶然じゃなくて必然。

と、さてさて、ラッパー並に上手いこと韻を踏んだところで、心に響いた箇所の紹介を・・・
このスピーチの中でジョブズ氏は3つのテーマに沿って話をしています。



「 点を繋げること 」 について

点と点の繋がりは予測できません。
後で振り返って、点の繋がりに気付くのです。
今やっていることがどこかに繋がると信じてください。
何かを信じてください。
あなたの根性、運命、業、何でも構いません。
その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いてても自信を持って歩き通せるからです。
それが人生に違いをもたらします。


その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いてても自信を持って歩き通せるか・・・
今の自分にとって、とても力強い言葉だ。



「 愛と喪失 」 について

時にはレンガで殴られたような苦しみに遭うことがありますが、自分を見失わないでください。
私は自分の行いを愛していたからこそ止まることなく続けられました。

   ~中略~

あなたも愛せるものを見つけましょう。
仕事にも恋愛にも言えることです。
仕事は人生の重要な位置を占めます。
それに満足したければ、自分の仕事が最高だと思うことです。
そして最高の仕事をするには、その仕事を愛しましょう。
まだ見つかっていないのなら、探し続けましょう。
安易に落ち着かないでください。
その時はピンと来るものです。
あなたのハートは分かっています。
そして良き人間関係のように、長く付き合うほど心地良くなります。
ですから探し続けましょう!
落ち着くことなく。


うんうん探し続けよう。
落ち着くことなく。



「 死 」 について

17歳の時に、こんな言葉に出会いました。

  「毎日を人生最後の日だと思って生きよう。いつか本当にそうなる日が来る」。

その言葉に感銘を受けて以来33年間、私は毎朝、鏡の中の自分に問いかけています。
「今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?」と。
その答えが何日も「NO」のままなら、何かを変える必要があると気付きます。

   ~中略~

「 すぐに死ぬ 」 と覚悟することは、人生で大きな決断をする時に大きな自信となります。
なぜなら、ほとんど全てのものは、周囲からの期待、プライド、失敗や恥をかくことへの恐怖などで、そういったものは死に直面すると消え去るからです。
そこに残るのは、本当に必要なものだけです。
死を覚悟して生きていれば、「何かを失うこと」という心配をせずに済みます。
あなたは初めから裸なのです。素直に自分の心に従えば良いのです。

~中略~

あなたの時間は限られています。
無駄に他人の人生を生きないこと。
ドグマに囚われないでください。
それは他人の考え方に付き合った結果にすぎません。
他人の雑音で心の声がかき消されないようにしてください。
そして最も大事なのは自分の直感に従う勇気を持つことです。
直感とはあなたの本当に求めることを分かっているものです。
それ以外は二の次です。


死の存在を意識しつつ覚悟して生きていれば 「 何かを失うこと 」 に恐れを抱くこともないよね。

無駄に他人の人生を生きない。
ドグマに囚われない。
人生は有限だ。

わたしに足りなかったのはまさにまさに〝 自分の直感に従う勇気 〟 以外の何ものでもなかった。
たぶん今日のこの記事、数カ月前の自分が読んでも何のこと言ってんだかさっぱりわからないだろうなぁ。

そしてそして最後の一言、



     Stay hungry, stay foolish



この文字列の意味しようしてることが、なんとなく分かりつつある今日この頃。
分かるというより、体感しつつあるの方が近いかな。
わたしも少しは大人になったのかしら。

あの日、あの夜、うっかり深淵に足を取られないで良かった。

これからは、自分の足で力強く歩いて行くんだぜ。
メラメラきちゃってるんだぜ。




category: ■つぶやく

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ayyakka.blog135.fc2.com/tb.php/487-349be174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。