FC2ブログ

ためない暮らし、しまつする日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

色を知る、自分を識る。  



よし、書けたっ!
ってとこでタイミングよーくメンテナンスに入られたfc2さん。
せめて文章保存しといてくれーーーっ!
そんなわけでしばらくふてくされてました。



行ってきました!
待ちに待ったパーソナルカラーの入門レッスン。

わたしが参加したのはこちらの講座 ↓


   東京カラーズ パーソナルカラー入門レッスン クリック


2時間のレッスンでしたが、ホントあっという間でとにかくすんごーい楽しかったです。

セミナー系は久しぶりだったので2~3日前からドキドキでしたが、私の他に参加されてた2名の方も話しやすい雰囲気だったし、何より先生が親しみやすくて。
なんというか初対面なのに緊張感を与えないというか、オープンで気持ちのよい方というか・・・。
声のトーンや話し方や言葉のチョイス、間合いなんかが自分にしっくりきて、かつ説明が分かりやすく丁寧だったので、慣れない場に行くと気が散りやすい私ですが集中しつつ寛いで色のあれこれを学べました。

  〝 感性や感覚を押し付けないで、分析してその人に似合う色を見つけます 〟

センスじゃなくて訓練・・・そんなことをおっしゃっていたのが特に印象的でした。
右左脳の私としては信頼度も納得度も深まるお言葉。



色の基本知識のレクチャーのあとにおまちかねのパーソナルカラー診断。
こんな風にドレープをあてて診断していきます。


pasokara1.png


先生が手品師みたいな手さばきで次々とドレープをめくっていく。
ちなみに基本的な判断基準は髪や瞳や肌の色だけど、実際にドレープをあてての肌写りを見ないと正確な判断は難しいとのこと。

ネット上のいくつかの簡易診断では毎回ウインターになった私ですが、実際はウィンター(モノトーン&ブルーベースの色)とサマー(同じくブルーベースで梅雨時の紫陽花のようなトーン)の二つのカラー群にまたがってるらしいことが判明。
むむむ。


natuyuru.png


サマーの中でもウィンターの中でも似合う色とそうでない色があるとのこと。
私みたいなタイプはめずらしいらしい。

お化粧をし出してからウン十年、ずっと自分は黄味よりの肌色だと思い込んでいたのだけど、そうでなかったというのが何より衝撃だった。
次のファンデーション選びにさっそく役立てよう♪

あとは、黒目の部分が黒くて、白目と黒目の縁にブルーがかったグレーの縁取りがあると言われてまたびっくり。
自分の目の特徴なんて考えたこともなかったので、たま~に 「 黒目がちだよね 」 と言われる理由もわかった。


sikiiro.png 


一方他のお二人は、比較的はっきりとイエローベースのスプリングとオータムにわかれたのが興味深かった。

スプリングになった方は明るく澄んだ茶色の瞳の持ち主で、パキッとしたすみれ色や柔らかくて優しげなサーモンピンクがお似合いで、ドレープをかけた瞬間に内側からにじみ出てくるようにパーっとふわーっと顔色が華やいだ。
先生が「オーラ」という言葉で表現したけど、まさにそんな感じ。

私の好きな色がつまったオータムになった方は、モンゴルとかタイの鮮やかな民族衣装が似合いそうな雰囲気があって、前の方とは逆に内に秘めた魅力の炎が強まる感じに。
個性の出方も人それぞれというのがまた興味深い。

そして面白かったのが、私が健闘して(?)二つにまたがったので、3人それぞれが4パターンすべてのタイプにわかれたこと。


iromihon.jpg
レッスンの終わりに頂いた自分に似合う色見本


自分の診断結果に話しを戻すと、似合うと言われた色はグレー(とくにチャコールグレー)や黒やネイビー(とくにロイヤルブルーっぽい色)、あとはベビーピンクや濃くてパキッとしたピンク、柔らかいラベンダー系など。

「 白黒灰紺などの定番色でも〇〇さんが着ると素敵に見える。 」

なんて言って頂けたのがものすごく嬉しかった。
まさに引き出しを開けるとずらっと白黒灰紺系の色ばかりで、パッとせず冴えないと思っていた自分の服の数々がなんだか大切に思えたし、改めてこういう定番カラーのものこそ長く着れる上質素材のものを選んでいこうと思った。
気分や雰囲気を変えるアクセサリーとかもみつけていきたいなぁ。

そう言えば、年末の結婚式で黒引きを選んだのも、ドレスに合わせたアクセサリーがシルバー系だったのもナイスチョイスだったわけだ。

そしてそして、薄々わかってはいたけど、自分の大好きな大正時代あたりのアンティーク着物にありそうな朱赤やカラシ色、オレンジ系、黄味のつよい紫、ピーコックブルー/グリーンなんかは肌色がくすんで見えてしまうとのこと。
残念だけど、もうこればっかりはそう見えてしまうのだからしょうがない。
先生のアドバイス通り、顔から30㎝以上離れたところにバッグなどの小物で取り入れていくことにします。
たまたま、好きな色が似合う色の差し色になりやすい色だったのでラッキーってことで。

なにはさておき、先生が一人ひとりの話を真摯に聞いて下さった上で、個人個人の特徴をよく捉え、その人に似合う色を引き出し、それぞれの問いに親切丁寧にアドバイスをしてくれるその姿勢にとても感銘を受けたのでした。

似合う色を知ることはもちろん 「 合わないけど好きな色 」 をどう取り入れていくかということも考えられて、とても充実した時間を過ごせました。
こちらのレッスン、クローゼットの片づけにも一躍買うこと間違いなし。
で、できたら参加者の少なめな日時を選ぶのがポイントかも。


そんなわけでレッスンを受けて吸収してきた知識や感覚を活かしたく、さっそく手持ち服のチェックをしてみた。

つづく・・・


category: ■お勉強

tb: 0   cm: 2

コメント

パーソナルカラー、私も受けたいです!

ライフオーガナイザーの中でもクローゼットオーガナイザーは
パーソナルコーディネーター必須なのですが
私は自分で勉強するとかでなくて、サービスを受けたい側だと
はっきり自覚しております。

こういうので似合う色、似あうデザインがわかると
服選びに迷わなくなるし、とってもいいですよね。

私も受けたくなってきました。
つづき、期待してます。

URL | はなまる #-
2013/02/07 00:58 | edit

はなまるさん、こんばんは☆

パーソナルカラー、是非是非受けてみて!
一週間経って、改めてじわじわ服選びの大切さがわかってきました。

自分がどんなものを身につけるかによって、心地よくなったり、嬉しくなったり、気持ちが引き締まったりする心理的影響も大切だし、人に与える影響も自分が思ってる以上に大きいのかもと思いつつあります。

自分の服周りの環境ってすぐにはベストにならないけど(買い替えるにはお金がかかるしね)、少しづつ新陳代謝するようにしていきたいなと思ったし、もっと深く学びたくなってきました。

URL | Ayaka→はなまるさん #nmntZlxo
2013/02/08 23:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ayyakka.blog135.fc2.com/tb.php/463-8c0400b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。