FC2ブログ

ためない暮らし、しまつする日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

はなよめどう(きものお直し・比翼/ふき綿編)  



普段はお片づけを中心に日々のささいなことを綴っているブログですが、この場を借りて、式の前日11月23日迄期間限定で結婚式準備(たまに通常の記事もあり)ブログとさせていただきます。
式準備の記事については  ★はなよめどう  のカテゴリに入っています。



たまにぶっとんだツイートをするので大きな声では言えないけれど サザエさんbot が好きな Ayaka です。

5月に仕込んだ味噌をちょいちょい食べ始めています。

miso.jpg 

半年にして色はこんな感じ。

misoiro.jpg


まぁ大ざっぱな私なもんで、つぶしきれてない大豆がゴロゴロした、良く言えば大らかな味噌になりました。


mametubu.jpg


初心者向けの、カビが生えにくい塩分多めのレシピで作ったので若干しょっぱめだけど、何と言っても香りがたまらん!!
この先も熟成が進んでカドがとれまろやかになっていくのだと思うと楽しみです♪
もう少し寒くなったら今度は麦麹で作ってみよう。
自分で育てたものを食べるのって、とても満ち足りた気持ちになるというか、自分の暮らしが愛おしくなるというか、自分に自信がつくというか、とにかく楽しくて楽しくて。

そろそろ熟成も落ち着いてきつつあるので元糠床用の琺瑯容器に移し変えました。
1カ月位前からやろうやろうと思ってたのでスッキリ。
容器の煮沸所毒から詰め替えまで30分もかかんなかったよ。


hikkosi.jpg


と、前置きが長くなったけど、今日はきものお直し・比翼/ふき綿編です。

比翼とは・・・

比翼仕立てとは、外見からは本襲をしているかのように見える仕立てのことで、
本襲でつかわれる羽二重などの別生地で、衿、袖口、振り、裾の部分に縫い付けた
本襲の形式的な形のことをいいます。
最近では費用面や着用のしやすさなどから比翼仕立てが好まれています。
                        ― 『 着物倶楽部 』 より転載させて頂きました -


   hikifuri_beauty1.jpg


この写真でいう裾からちらっと見える三角の赤い部分が「比翼」の一部で、裾周りに見えるのが綿を入れてふっくらさせた「ふき綿」の部分です。
うまく説明できないなぁ。


一方こちらは昭和初期の花嫁さん。


o0447064010591093527.jpg o0465064010591093533.jpg


まさに私の振袖がしたてられた時代です。
本襲だと思われます。
上の画像の比翼にあたる裾部分を見るかぎり、襲(かさね)はおそらく白い着物ですね。
後ろ姿の方で腰のあたりにリボン結びにしてるしごきも白、帯揚げの色ははっきり分からないけど丸ぐけも白っぽい。
角隠しは現代のようにビシッとしてなくて、ふんわり柔かな感じ。
引き摺った裾のしなやかなドレープやラインがなんとも言葉にできない雰囲気がある。
あぁウットリ♡
色がついていないので想像だけど、キリッと白が効いた凛とした花嫁姿なんだろうな。

で、私の振袖に関してはまた明日~。


 

category: ★はなよめどう

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ayyakka.blog135.fc2.com/tb.php/425-ec9b4a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。